ブログ

襖の反りって聞いたことないっす!

皆様こんにちは

張れる屋です。

 

さて今回は襖の反りについて説明していきましょう!

 


襖の反りってなんでしょう?

そうです!字の如く反っているんです!


ではなぜ反るのでしょうか?その理由を説明致します。

 

それは・・・・・・・・

 

紙の引っ張る力がすごい!


 

違うんです!ふざけていないです!

 

細かく説明していきます。

 

紙の引っ張る力のおかげで襖がピンと張っていますが、使用環境によって襖紙の力が変わってきます。

 

押入れを例に考えましょう!

 

押入れの外側の面は日当たりが良かったり、風通しのいい環境のことがありますが、押入れの中の面は日光が当たらず、閉めることが多いので風通しもよくありません。


紙は濡れてから乾くときに、引っ張るので乾く時間に差がある環境ですと

片側だけ強く引っ張り反対の面は引っ張る力が弱いという現象が起こります。

その片側だけ強く引っ張る力で襖の本体も引っ張られてしまい、反りが出るという事です!

 

ふー長い説明だった…。

細かいところは多々省いております。

 

でも普通に使ってて襖が濡れることなんてないけど…

そうですね!確かに濡れることは少ないですが、襖には調湿効果があるので部屋の湿気を吸った際に、少しふやけます。

 

そして乾く時に…そうです!引っ張るんです!

 

そういった積み重ねで襖の本体も反ることがあります。

 

日々の積み重ねが結果に出る…人生と一緒ですね…。


反りがすごいと、開け閉めの時に襖同士が当たってしまう事や襖本体が外れてしまうこともあります!

 

ダンボール襖でも新しく製作した場合は反るということはありません。

ダンボール襖の張替え後にのみ反る可能性があります。

 

次回は、本襖とダンボール襖の構造をご紹介致します!

 

それでは次回の更新をお楽しみに^^

 

ご予約・お問い合せはこちらから メールでのお問い合わせ 採寸・現地調査・見本帳